• TOP
  • 初七日って葬儀当日に行えますか?

初七日って葬儀当日に行えますか?

初七日に関して質問です

先日母が亡くなり、今度葬儀を執り行う予定なのですが、葬儀の後の初七日の仕組みがいまいちわかっていません。
葬儀の後、七日後に行われる法要という事はわかるのですが、この初七日は、葬儀当日に行うことも出来るという話を聞きました。
正直、参列者の方の中には遠方にお住いの方も多いため、もし当日に出来るようであれば、まとめてやってしまいたい所があり餡巣。

初七日は実際に、葬儀当日に行うことも出来るのでしょうか?
また、どのような流れで行われるのでしょうか?

宜しくお願い致します。

初七日は葬儀当日に出来ます

初七日は元々、故人が極楽浄土へと行くことが出来るように、亡くなった日から七日ごとに行われる供養のことを指します。
四十九日までこれが行われ、最初の七日目に行われるご供養は、初七日と言われているようです。

あと、多分勘違いをされているのかなと思うのですが、初七日は、葬儀の後から七日ではなく、亡くなった当日が一日目として、そこから七日目が初七日になります。
葬儀を行ってからですと、初七日がずれてしまうので、注意をしてください。
また、地域によっては、亡くなられた前日を一日目として数えられる所もあるようですので、葬儀社の方などに確認を行いましょう。

そんな初七日ですが、近年では、質問者様のように、七日後に改めて集まるのが難しいという事もあって、葬儀当日にまとめて行われることが主流となっています。
繰り上げ法要、繰り込み法要という形で行われるのですが、基本的に、通夜から告別式があげた後、初七日法要が行われたのち、出棺、火葬、精進落としとなることが多いようです。

この場合は別途お布施をお渡しする必要が在ると思いますので、その都度、葬儀社の方などに確認を取りましょう。

本来の初七日法要を行う場合

葬儀当日に初七日法要を行うことは可能です。
その場合は、葬儀社の方などに、そういったプランで用意をしてもらうように取り計らってもらいましょう。

もちろん、通常通りに初七日を行うことも出来ます。
自宅に宗教者をお招きするか、寺院に直接、遺骨、位牌、遺影を持参して、法要を一時間ほど行うことで、初七日法要を行っていきましょう。
法要の際には読経が行われますが、その後、お焼香、精進落としが行われます。

地域によっては、初七日法要をきちんと行うことがベスト、当然と思われている地域もありますので、事前に確認をしておきましょう。
遠方にお住いの場合は特に大変かと思いますが、事前に確認をしておかないと、常識がないご家庭と思われてしまいかねません。
最後に故人に恥をかかせるようなことが無いように、事前に色々と確認を行っておきましょう。