• TOP
  • 成人式と卒業式の袴の違いってありますか?

成人式と卒業式の袴の違いってありますか?

振袖は中振袖か小振袖を選ぶ

同じ振袖でもいくつか種類があり、成人式で着る振袖のことを中振袖、卒業式で着ることが多い振袖のことを小振袖と呼びます。
中振袖に袴を合わせて卒業式用として着ることも可能ですので、成人式の振袖と卒業式の振袖を兼用するために、中振袖を購入するご家庭も少なくありません。
振袖にはもう一つ、大振袖と呼ばれる振袖がありますが、こちらは婚礼衣装として使われる最も格式の高い振袖タイプですので、成人式や卒業式では着用する事は無いでしょう。

それぞれの振袖の違いは、袖の丈の長さにあります。
大振袖の場合は袖丈114㎝前後、中振袖は袖丈100センチ前後、小振袖は袖丈76㎝前後です。
大振袖の場合は腕を下ろすと地面に引きずるタイプの振袖ですので、余程の事が無いと着用することはないと覚えておきましょう。

中振袖の場合は卒業式や成人式のみならず、結婚式のお呼ばれや式典への出席、結納などでも着用可能ですので、何かと便利です。
腕を下ろしても地面に引きずる事は無く、典型的な振袖のイメージとして描かれる事が多いタイプでしょう。
小振袖の場合は袖丈が短い事もあり非常に動きやすく、基本的には卒業袴と合わせることが主流の着物になります。

袴を合わせる際の注意点は?

中振袖と小振袖であれば、卒業式の袴と合わせても問題ありません。
ただし、全体的なコーディネートが重要なポイントですので、合わせ方には気を付けましょう。

袴と一口に言っても、黒以外にも様々な色合いがあります。
黄色や濃い緑、紺色などの様々な色の袴がありますので、自分が持っている振袖に合わせてどの色が似合うか考える事が大切です。
中振袖の場合は非常に豪華で華やかな仕上りに、小振袖の場合は若々しい仕上りになりますので、好みに合わせてどちらを合わせるか決めるのも良いでしょう。

また、足下にブーツを合わせるのか下駄を合わせるのかでも見た目の印象は全く異なります。
中振袖ですと小振袖に比べて、動きにくい部分がありますので、出来るだけ身のこなしをしやすいブーツタイプを選ぶと良いでしょう。
足下の違いによっても選ぶべきカラーが異なりますので、トータルコーディネートを忘れてはいけません。

更に中振袖の場合は、袴と合わせるとお端折りが難しくなりますので、ある程度着付に慣れていないと見た目が悪くなります。
小振袖と比べて着付の難しさがあるのが中振袖ですので、中振袖を袴と合わせる場合は、プロに着付をしてもらうことが大切です。
成人式シーズンと同じように、卒業式シーズンも着付の混雑が予想されますので、卒業式の日程が決まったら、出来るだけ早い段階で美容室などに予約を取るようにしましょう。