• TOP
  • 四十九日とは何をするものなのでしょうか?

四十九日とは何をするものなのでしょうか?

青く綺麗な布

意外と知らない

誰かが亡くなった後、四十九日というのは皆さん気にするようですが、この四十九日というのは何を意味するのでしょうか?
常識的に考えると4も9も縁起の悪い数字だと思うのですが、この2つを組み合わせた四十九日は何をするべきかを知りたいです。
この日に法事をするというご家庭がほとんどのようですが、一回忌等の法要とは別に四十九日にも行わなくてはならないのでしょうか?

またその場合には故人が亡くなった日からピッタリ49日を数えて行うものになりますか?
この先両親が亡くなった時には自分自身がこういった知識を持ってしっかりと法要をしていかなくてはならないので、詳しく知っておきたいです。
皆さんのご家庭ではどんなことをするのか教えてください。

死者が浄土に到着する日で成仏する日です

実際のところはわかりませんが、亡くなった人は死後の世界に行くと、49日間をかけて三途の川を渡るのだと言われているそうです。
そのため、49日が経過すると、無事に浄土に到着しご先祖様などと天国で会うことができるという説明を受けました。
>>初七日・四十九日・忌日法要

これは私の身内が亡くなった際に葬儀場の方から聞いた話ですが、それからは聞いたままの印象を持っています。
もちろん自分が経験したわけではないし、実際のところわかりませんが、この四十九日を意識して無事に天国に到着できたかな?という事を考えたり、それまでは自宅で供養していた遺骨をお墓に納めてあげる形で供養するのが四十九日のあり方だと思っています。
もし間違っていたらごめんなさい。

納骨をするケースが大半ですよね

地域やそれぞれの家によって多少の違いがあると思うので明確には言えませんが、一般的に四十九日といえば納骨するタイミングじゃないですか?
それまでは葬儀が終わった後自宅の祭壇で供養をしますが、いつまでも自宅にある骨を置いておくわけにはいかないので、四十九日で三途の川を渡りきった故人を供養するために、このタイミングで納骨をするは当たり前だと思っていました。

なぜ49なのかということは私自身も存じないので詳しいご説明をすることは出来ず申し訳ありません。
何か昔からの言われなのでしょうね。
亡くなった日からぴったり49日で天国に到着するとは言われていますが、法要に関してはピッタリではなく、数日のずれがあっても問題ないようです。

皆さんそれぞれに仕事の都合などもありますので、こういった部分を考慮しながら納骨をしてあげるのが良いでしょう。
納骨をする際には自分たちの勝手で行うことはできませんので、必ず霊園やお寺などにも知らせなくてはなりません。

さらには住職に読経をしてもらった後で納骨をするため、このあたりの手配についてもお世話になっているお寺でお願いすることになります。
四十九日には納骨というのが一般的な常識みたいになっているので、それまでにお墓がなければ必ず購入するということも必要ですよね。
お墓は決して安いものではないので自分が法要をする立場になった時には早め早めに準備をしなければならないことだと思います。