• TOP
  • お盆にお墓参りで何をすればいいですか?

お盆にお墓参りで何をすればいいですか?

基本はお供え物とお墓掃除でOK

特別な風習や宗教のこだわりが無いと言う場合、お墓参りはお供え物を供えてお墓掃除を丁寧に行えばOKとされています。
お墓掃除をする際には、雑巾何枚かやバケツ、使い古した歯ブラシなどが役に立ちますので持参すると良いでしょう。
お墓が外にある場合は特に、思っているよりも汚れていますので、濡らした雑巾でしっかりと掃除をしてから、乾いた雑巾で吹き上げるようにすると綺麗に落ちます。

細かい部分は歯ブラシを使って磨き上げ、綺麗に水で流したら完成です。
お花やお菓子などのお供え物を供えて、選考をあげたら、お墓参りを終えましょう。
お墓がある場所によっては食べ物関連のお供え物は、持ち帰ることが義務づけられている場合もありますので、一度お供えをしてから回収をしないといけないかを確認することが大切です。

神式のお墓参りの場合

神式のお墓参りの場合は、水や洗い米、塩やお神酒を持参し、お供えしていきましょう。
故人の好物をお供えしても構いません。
基本的にはお花では無く榊や白い菊の花を立てる事とされており、他の花をお供えする場合は、故人の好きだった花であればOKとされています。
お線香は神式の場合お供えをしない事がほとんどですので、お線香を持参するべきか事前に親族に確認をしておきましょう。

神式のお墓参りは、墓地の掃除をした後、お供えをしてろうそくに火を灯したら深く一礼をします。
その後、柏手をうち、二礼二拍手一礼をして、後始末をしたら終了です。
お供え物を持ち帰ることが義務づけられている墓地もありますので、こちらもきちんと確認をしてから後にしましょう。

キリスト教の場合

キリスト教の場合は、カトリックかプロテスタントかでも微妙に御墓参りのタイミングや考え方が異なりますので、まずは故人がどちらの宗派なのか確認することが大切です。
カトリックの場合は毎年11月2日が死者の日と決められており、この日に特別ミサが行われ、お墓の掃除や墓前に花を捧げお参りを行います。
プロテスタントの場合は故人の死後一か月後が昇天記念日とされており、その後1年、3年、7年の節目で追悼の記念集会が開かれるのが基本です。

御墓参りをする際には、故人の命日や神への感謝の気持ちを表したいときなどに訪れることとされており、墓地の掃除をした後に、ユリや白菊などの小ぶりの白い花をお供えします。
お供え後に両手を胸の所で合わせたら、静かに合掌礼拝を行いましょう。
こちらはプロテスタントでもカトリックでも変わらないやり方ですが、不安な場合は事前に親族などに確認をしてからお参りをすることが大切です。

またキリスト教の場合、家庭用の小さな祭壇を置いてそこで毎日のお祈りをする習慣があります。
そちらにお供えをする際には、故人が生前好きだった食べ物やお花などを写真の前にお供えする風習があるでしょう。