• TOP
  • 新盆って何ですか?

新盆って何ですか?

故人が亡くなってから初めてのお盆

新盆とは、故人が亡くなってから初めて行うお盆のことです。
故人が亡くなってから初めて現世に返って来るお盆ですので、通常のお盆に比べるとより一層華やかに飾り付けを行う傾向にあります。
祭壇や精霊棚などに盆提灯の飾り付けを行う等、故人が見て分かるように初盆の飾り付けを行いましょう。

新盆では、僧侶の方をはじめ、故人と親しかった親族なども呼んで盛大にお祝いが行われます。
故人の四十九日が明けてから、忌引きあけの初めてのお盆のことを指しますので、時期を間違えないように注意が必要です。
四十九日中にお盆を迎える場合は、その年の次の年が初盆となります。

行われる時期は地域によっても多少異なりますが、基本は8月13日~4日間低度とされているでしょう。
その期間はお盆休みとして、企業なども休みになる事が多く、お盆にかけて帰省をするというようなご家族も少なくありません。
その時期がちょうど新盆という場合は、比較的お休みを取りやすい傾向にあります。

新盆でやること

新盆ではまず、新盆を行う日程を確定し、僧侶と親族へ連絡を行いましょう。
親族や知人を始め、故人と親しかった方に連絡を行い、新盆を行う日程と場所を調整して下さい。
僧侶はこの時期に特に忙しくなりますので、出来るだけ早い段階で日にち確定することが大切です。

次に、盆棚、精霊棚と呼ばれる故人を迎える為の位牌を置いて、お供えしていきます。
基本的にはお盆に入る前日などに用意する事が多いですが、こちらも地域によって用意するタイミングが異なりますので確認が必要です。
準備するタイミングは早ければ良いという事ではありませんので、適切なタイミングで準備を始めましょう。

棚には、真菰や敷物を敷いてから、位牌やお線香、花などを飾っていきます。
更に、キュウリとなすで作った馬と牛を始め、砂糖菓子やお団子などの各種お供え物を飾って終了です。
地域によっても飾るべき物や飾らないといけない方法などが異なりますので、こちらもよく確認をしておきましょう。

そして新盆に欠かせないのが、盆提灯です。
ご先祖様が現世に迷わず辿り付くための目印とする提灯ですが、新盆に使うのは白提灯ですので、絵柄の入った物を使わないようにしましょう。
白提灯は一度使用したら使い捨てになりますので、使い回すようなことが無いように、新盆終了のタイミングで送り火で一緒に燃やしたり、お寺で供養します。

このように準備が色々とありますので、早めに色々と行う事が大切です。
新盆は特に、故人が亡くなってから初めてのお盆で色々と気を使う必要がありますので、故人が迷ってしまわないように、色々と丁寧に行うよう心がけましょう。