• TOP
  • お盆のお供え物は何がいいですか?

お盆のお供え物は何がいいですか?

旬のフルーツや日持ちをするお菓子などがメジャー

一般的なお供え物とされているのは、旬のフルーツの積み合わせや、クッキーやおせんべいなどの日持ちをするタイプのお菓子があげられます。
チョコレートなどの熱で溶けてしまうタイプのお菓子は後からの処理を考えると大変ですので、避けた方が良いでしょう。
また、そうめんなどの乾麺や故人の好きだったお酒やジュースなどの飲み物も、お供え物に最適です。

他にも、地域の名産品やお花、お線香やろうそくなどがあげられますが、こちらは賛否が分かれる部分ですので注意が必要です。
お線香やろうそくは元々備えられていることがほとんどで、お花は種類によっては宗教上良くない場合もあります。
ご家族が花粉症などのアレルギーを持っているというケースもありますので注意をしないといけません。

また長期的にお供えすることを考えるのはもちろん、殺生に通じるような肉や魚などの生ものは避けた方が賢明です。
こうした日持ちをしないタイプのお供え物は返ってご迷惑になる可能性が高いので、特別な思いが無ければ辞めておきましょう。

金額は3千~5千円程度

お供え物は金額にすると3千円~5千円程度に抑えておくことが大切です。
現金で包んでお供えしてもOKとされていますが、こちらの考え方は地域によっても風習によっても全く異なりますので、義両親などに事前に確認をしておきましょう。
新盆の場合は特に、地域によってお供え物への考え方が全く異なりますので、事前に確認をしておかないと地域差で失礼なことをしてしまう可能性があります。

また、金額が高すぎても低すぎても失礼になってしまいますので、ある程度相場に沿った金額の物を用意する事が大切です。
安い物を大量に持って行くのではなく、それなりの金額の物をドドンと持って行った方が、向こう様のご迷惑にもなりませんので、持って行く物を選ぶ際には厳選すると良いでしょう。

故人が喜ぶ物を相談して備える

色々な決まり事はあるものの、お供え物は故人が喜ぶ物を持って行くことが一番とされています。
故人が生前好きだったタバコなどの嗜好品、故人が生前好きだったキャラクターのぬいぐるみなど、多少幅広く捉えても良いでしょう。
大切なのは心を込めることですので、選ぶ際には故人の生前のことを考えて色々と選ぶ事が大切です。

ただし、義両親など親族が関わってくる場合は、変わり種を持って行く際は必ず確認をするようにしましょう。
自分がよかれと思ってやったことが失礼に値してしまう事も多々ありますので、先走るようなことが無いように、お供え物を考える事が大切です。
持って行きたい変わり種のお供え物がある場合は、事前に確認を取ってから当日持参をするようにします。