• TOP
  • お盆の迎え火と送り火って何ですか?

お盆の迎え火と送り火って何ですか?

お盆における故人の目印

お盆の際に行う風習とされている、迎え火と送り火ですが、こちらは故人が黄泉国から戻ってくる際に目印となる火、送り出すときの道となる火になります。
迎え火は先祖をお迎えするときの入口として、送り火は先祖を送り出すときの玄関として使われる火で、それぞれお盆の初日と最終日に行われるでしょう。

お盆の期間は地域によっても異なりますが、目安としては迎え火が7月、または8月13日の夕方、または前日の12日に行われます。
地域によって迎え火を焚くタイミングが異なりますので、風習に従いましょう。
送り火に関しても基本は8月16日の夕方、または前日の15日に行われますので、こちらも慣習を確認した上で焚くことが大切です。

地域によってはこの迎え火と送り火を行わない所もあります。
盆棚の準備やお仏壇の掃除、お墓参りや掃除など、ご先祖様が帰ってきたときに気持ち良く過ごせるように環境を整えるだけでOKとしている所もありますので、風習をよく確認しないといけません。
防災の関係で送り火や迎え火をしてはいけない地域もありますので、丁寧に確認を行いましょう。

送り火や迎え火の焚き方

送り火や迎え火をする際には、ただたき火に火を付けるだけでは無く、正しい方法で火を焚く必要があります。
まずはホームセンターや花屋さんなどでおがらをゲットし、焙烙と呼ばれる素焼きの平皿におがらを入れて燃やしましょう。
焙烙のお皿が手に入らない場合は、耐熱の平皿でも構いません。

火を付ける際には玄関や庭先などの外で行います。
かなりの煙が出ますので大量におがらを入れる事が無いように、量を調整しながら行う事が大切です。
おがらが手に入らない場合は、ろうろくや藁、松明などで代用する方法もあります。

こうして火を付けたら、火が消えるまでそのまま放置し、迎え火と送り火を行いましょう。
火を焚いている際には必ず誰か側に付いていないと危険ですので、家族で先祖を見送る気分で、送り火や迎え火を囲んでいるのもおすすめです。

地域によってはお墓から自宅の道を指し示すように松明の明かりを灯したり、ろうそくを並べるような所もありますので、こちらも必ず風習を確認しましょう。
また地域によっては迎え火や送り火の火を3回またぐことで、病気から身を守ることが出来る等の言い伝えがありますので、合わせて確認することが大切です。

このように送り火や迎え火に関しては、地域によっても大きな差がありますので、一概に正しい方法という物がありません。
それぞれの地域の考え方はもちろん、家族の考え方に従ってどの様にするべきかを知った上で、風習に従って先祖を迎え入れる、先祖を送り出すように心がけましょう。